注文住宅で失敗しないためのポイントとは?

注文住宅で失敗しないためのポイントとは?


業者選びは慎重にしよう

注文住宅を建てるとなると、まず最初に建築会社を選ばなければなりません。もっとも、世の中にはテレビCMなどでお馴染みの大手住宅メーカーから、地場の工務店に至るまで注文住宅の建築を請け負ってくれる業者は数え切れないくらいあるため、それらの中から自分にあったところを選ぶのは至難の技です。そのため、多くの人はネームバリューや何となくのイメージだけで決めてしまいがちですが、建築会社をどこにするかは家の出来栄えを左右する大事なポイントですので、くれぐれも適当に選ぶ事だけは避けた方が良いでしょう。

自分にあったところを見つけるためには、住宅展示場のモデルハウスやその建築会社が過去に実際に建てた注文住宅を見て回るのがおすすめです。また、インターネット上で各社の特徴を紹介しているサイトも多くあるので、そういった情報を参考にするのも良いでしょう。

担当者の力量を見極めよう

建築業者を選ぶのと同時に慎重な検討が求められるのが、自分を担当してくれる担当者についてです。建築会社によって程度の差はあるものの、家造りにおいて建築会社の担当者が果たす役割は想像以上に大きいものがあります。例えば、営業所の所長クラスの人が担当してくれる場合には、ある程度柔軟に値引きに応じてくれたり、同じ金額でもワンランク上の住宅設備を入れてもらえたりする可能性があります。そこまでではなくても、経験豊富な担当者であれば、施主の希望をくみ取って、それを実現できる間取りやインテリアデザインなどを積極的に提案してくれるでしょう。

せっかく京都の注文住宅をお考えなら、やっぱり景観にマッチしたおうちがおすすめです。日本の情緒を感じさせるおうち造りは、注文住宅ならではでしょう。

You may also like

その理想で大丈夫?業者にチェックしてもらおう!

その理想で大丈夫?業者にチェックしてもらおう!

自身の思い通りにいかない場合がある 注文住宅の設計を考える場合、自身の思い描く理想があることでしょう...

賃貸物件の探し方~騒音や日当たりについて~

賃貸物件の探し方~騒音や日当たりについて~

気になる騒音はない?周囲の建物を確認しよう 理想の良い部屋が見つかっても、住んでみて周囲の騒音問題に...

家造りでは土地が決まらないと設計依頼ができない?

家造りでは土地が決まらないと設計依頼ができない?

家造りではプロに設計を依頼するのが一般的 家造りをするときには一から図面を引く人もいないわけではあり...

見逃せない賃貸広告の基本情報と間取り図のチェックポイント!

見逃せない賃貸広告の基本情報と間取り図のチェックポイント!

賃貸部屋の基本情報をチェックしておこう 急な転勤や住み替えを予定している人は、部屋探しや引越しまでの...

Back to Top