注文住宅で使い勝手のよいキッチンの収納を実現するポイント

注文住宅で使い勝手のよいキッチンの収納を実現するポイント


いかに手の届く範囲に収めるか

もしキッチンで調理する場合に、シンクやコンロあるいは冷蔵庫や戸棚との距離が遠すぎると、作業をしながら行ったり来たりするのは大変です。単に作業効率が悪くなるだけでなく、心身への負担も大きくなってしまいます。特に様々な調理器具や食器類を必要とするキッチンでは、作業を行うワークトップと収納スペースとの距離が重要になります。そこで注文住宅でキッチンを設計する場合には、できるだけ収納スペースを手の届く範囲にレイアウトするのがポイント。例えば調理器具であれば目の高さを中心にしながら、足元まで収納スペースを確保したり、使用頻度の高い食器棚を直ぐ背後に設置するなど、収納スペースを手の届く範囲に収めて使い勝手を高めることが求められます。

調理家電の収納スペースも忘れずに

キッチンでは電子レンジや炊飯器あるいはミキサーやポットなど、様々な調理家電が活躍します。そこでキッチンの収納を考える際には、調理家電の配置も十分に検討することが求められます。一口に調理家電といっても、それぞれ大きさや役割そして機能や特性も異なるため、そのような点もよく考えながら、適切にレイアウトを決めていくことが大切です。

例えば炊飯器やポットなどは熱や蒸気を逃せるように、上方と左右前後に余裕のあるスペースに設置して、常に通気性を確保することが重要です。またサイズが比較的大きく何かとかさばる電子レンジも、あらかじめ製品の寸法をよく確認し、専用の設置スペースを設けておく必要があります。同時にこれらの調理家電の数や位置に合わせて、コンセントの口数や容量あるいは配置なども、しっかり計算しておくことが肝心です。

注文住宅は、建築士や営業担当と相談しながら、住宅の構造や部屋の間取り、材質などを一から決められるため、家づくりそのものを楽しめるという特徴があります。

You may also like

別荘ライフを楽しもう!楽しみ方のおすすめ紹介

別荘ライフを楽しもう!楽しみ方のおすすめ紹介

アウトドアを満喫する楽しみ方 別荘ライフは普段と違った非日常な空間を楽しめるところが魅力であり、誰の...

札幌市の賃貸住宅の探し方のワンポイントアドバイス!

札幌市の賃貸住宅の探し方のワンポイントアドバイス!

札幌市の暮らしの魅力! 札幌市は、街の中心街にショッピングビルや飲食街、オフィスビルも立ち並び、都会...

別荘を建てる場所は何を基準にする?趣味が楽しめるところがいい?

別荘を建てる場所は何を基準にする?趣味が楽しめるところがいい?

自分の趣味が楽しめる土地で探す 週末などに趣味を楽しむ人もいるでしょう。自宅などでできる趣味もあるで...

注文住宅で失敗しないためのポイントとは?

注文住宅で失敗しないためのポイントとは?

業者選びは慎重にしよう 注文住宅を建てるとなると、まず最初に建築会社を選ばなければなりません。もっと...

Back to Top